全国で神社結婚式ができるところはどんなところ?

神聖な雰囲気の中で結婚式をあげたい、というカップルに人気の神社結婚式。
いつの時代でも人気のある形の式ですが、全国には多くの神社があるためどこの神社が式に対応しているのかがわかりにくい、という問題があります。
そんなときはどうすればよいのかを事前に知っておけば、スムーズに結婚式を行うことが可能です。
素敵な神社での結婚式をあげるためにも、調べる方法を把握しておきましょう。
詳細についてはフォトスタジオとの相談が必要となります。

全国で神社結婚式ができるところはどんなところ?

神社結婚式を希望する場合は、直接神社に依頼する方法と神社が提携している結婚式場に申し込む方法があります。
全国には複数の神社がありますが、中には神社結婚式を体験できるウェディングフェアが開催されている場合も存在するのです。
そのような場合は、積極的に参加しましょう。
神社結婚式を成功させたいのであれば、全国の神社の中でも出来るだけアクセスが良く、雰囲気が良い場所を選ぶべきです。
参列者のことを考え、神社結婚式のあとの披露宴会場への移動方法も考える必要があります。
さらに神社結婚式の際には、参加者の人数にも配慮する必要があり全国的に有名な場所であれば、なおのこと人数制限が発生しやすいものです。
最適な場所を選び、皆に祝福してもらえる式にしましょう。

神社結婚式で人気のエリアを知っておきたい

日本の伝統的な白無垢、色打掛、黒引き振袖などの伝統的な婚礼の衣裳は、上品さの中に華やかさを感じることが出来るので神社結婚式に憧れている人が少なくありません。
地元で評判の高い結婚式場を選んでおくと、神社結婚式に対応をしているので幅広い年代にお勧めです。
神社結婚式で人気の高いのは、京都や奈良などの伝統的な神社があるエリアが良いでしょう。
長い歴史と伝統のある神社は、挙式に対応をしているのでまずは申し込みをすることが大事です。
神社結婚式は基本的には家族や親族、親戚などの血縁の濃い人で行うので、チャペル挙式に比べると費用を抑えることが出来ます。
男性の場合は伝統的な羽織袴、女性の場合は白無垢や色打掛などの衣裳に身を包んで行うのが一般的です。
新郎新婦、親族などで三々九度の盃をかわし、両家や二人の絆を深めることが出来ます。
京都や奈良などは人気の高い神社が多いので、地元の人はもちろんですが、他府県からも挙式をしたい人が多いエリアです。
信頼できる結婚式場を選んでおくと、平均的な相場の料金で神社結婚式を行うことが出来ます。
事前に電話やメールなどで予約を入れておくと、希望の日時にスタッフと打ち合わせが出来るので安心です。

神社結婚式で衣装などをレンタルできるのか

神社結婚式では、衣装をレンタルで貸してくれるのか気になる人は少なくありません。
基本的に会場でレンタルできるところが多いといわれていますが、小さな神社の場合には衣装を持参したほうがいい場合もあります。
神社ごとに規定が異なっているため、自分たちで適切な利用が可能となるように判断したほうがいいでしょう。
神社結婚式を多く扱っている神社の場合、プランが存在していることもあります。
お色直しなども受け付けているところもあるため、事前に確認してから利用したほうがいいでしょう。
効率よく利用することでコストを抑え、納得できる形で結婚をすることができます。
魅力的な結婚が可能となっているからこそ、自分たちのライフスタイルに合わせて利用をすることができるのがポイントです。
日本国外からの来客にも適切に対応しているなど、多様な挙式が可能となっている神社もあります。
安心して利用できるように打ち合わせをしっかりすることが、最も納得できるプランです。

日本ならではの神社結婚式の儀式と意味について紹介

日本の美しい伝統と奥ゆかしさを感じられる神社結婚式には、チャペルなどを利用した海外風の結婚式と違うさまざまな儀式が設けられています。
当日の流れとして先ず最初に、神社を参拝した際に手を水で清めるのと同様に、手水の儀があります。
出席者入場にあたる参進の儀は、神職を戦闘に決められた順番で神殿へ上がります。
その後斎主挨拶が行われ、お祓いや祝詞奏上、三献の儀と前半が行われます。
後半は、誓いの言葉を読み上げる誓詞奉読から始まり、指輪交換や玉串奉奠、神楽奉納や列席者代表もしくは全員が盃でお酒を飲み親族同士の繋がりを固める親族盃の儀と進んでいきます。
最後に、斎主から祝辞が述べられたのち退場という流れになります。
神社結婚式は、伝統的な結婚式が行えるというだけでなく、同じ盃からお酒を飲んだりすることで親族同士のより強い絆を実感することができます。
また結婚式場と違い神社は初詣などのイベントごとの際はもちろん、普段からも足を運びやすいため、いつでも思い出に触れられる場所ができるという魅力もあります。

喪中の時に神社結婚式への参列は控えたほうがいい?

喪中の際に友人や親せきが神社結婚式を行う場合、出席を控えたほうがいいのか気になる人は少なくありません。
神社での結婚式だからこそ、喪中の際は避けたほうがいいのか迷っていることも多いです。
多くの場合、忌中でなければ問題はないとしている人が多いといいます。
忌中とは、故人が亡くなってから喪に服す時期を指す言葉で仏教の場合には四十九日と定めており、他の宗教でもおおむねその前後であると考える場合が多いです。
その期間は神道では死の穢れが周囲に移らないよう、身を慎む期間とされています。
そのため、その期間内は神社結婚式への参列を控えたほうがいいです。
特に神道は穢れを嫌う宗教であるため、忌中の場合には決して参列せず、事情を説明して新郎新婦へは断りの連絡を入れたほうがいいといいます。
四十九日以降を過ぎていれば忌中ではないため、それほど問題ではありません。
とはいえ、神道での穢れを気にする場合には、出席を控えても問題ないといいます。

神社結婚式に関する情報サイト
神社結婚式はどこでできる?

神聖な雰囲気の中で結婚式をあげたい、というカップルに人気の神社結婚式。いつの時代でも人気のある形の式ですが、全国には多くの神社があるためどこの神社が式に対応しているのかがわかりにくい、という問題があります。そんなときはどうすればよいのかを事前に知っておけば、スムーズに結婚式を行うことが可能です。素敵な神社での結婚式をあげるためにも、調べる方法を把握しておきましょう。詳細についてはフォトスタジオとの相談が必要となります。

Search